焼肉の歴史焼き方人気のホルモン定番肉
牛肉の格付け話題沸騰!ホルモンバーグ世界の焼肉事情

定番肉

タン

タン 牛タン(ぎゅうたん)は、牛の舌部を指します。主に、食用にする場合に用いる語。
数十センチの長さがあり、薄切りないし細切れで食用にされます。
タンは、英語で舌を意味する「tongue」の音に由来します。
焼肉店でも提供されることが多く、塩味のタンは一般に「タン塩」と呼ばれます。
現在、焼肉店では自分で焼いた牛タンをレモン汁に浸けて食べるのが一般的ですが、これは1970年代、東京・六本木にある焼肉屋「叙々苑」の発祥という説もありますが、石焼ビビンバの石鍋などの発案でも知られる銀座清香園総本店の張貞子が、スウェーデンの空港で見たタンの燻製をヒントに、同年代にタン塩をレモンで食べることを始めたとの説もあります。
ちなみに「仙台牛タン焼き」の場合は、店員が塩味やタレをつけた牛タンを炭火等で焼いて出してくれ、そのまま食べます。レモン汁はつけません。また、塩味とタレでは圧倒的に塩味が多いです。

タンの特徴

最も柔らかい根元部は「上タン」として使われ、舌先になるほど脂肪が多くなると同時に肉も硬くなります。
また、牛タンにはタンパク質や鉄分をはじめ、タウリン(アミノ酸の一種)など体づくりに欠かせない栄養素が豊富に含まれています。
他の肉類に比べて脂肪分が少ないのも特徴です。