焼肉の歴史焼き方人気のホルモン定番肉
牛肉の格付け話題沸騰!ホルモンバーグ世界の焼肉事情

定番肉

ロース

カルビ 牛肉の背肉部位を「牛ロース」、あるいは「牛ロース肉」といいます。
この「ロース」という部位名、いっけん欧米語に思われますよね?
しかし、実際には「roast(ロースト)」から転訛した和製英語で、「ロースト(焼く)に適した肉の部位」を意味する言葉です。
牛ロースは2種類あり、その1つ「肩ロース」は名前のとおり肩の部分にあるロース部位を指します。
きめ細かい肉質と柔らかい風味があり、煮込み料理やステーキなどで愛用されるとか。
もう1つの「リブロース」は、肩ロースから続く筋肉(胸最長筋)を指します。霜降りが入りやすく肉質も優れているので、しゃぶしゃぶやローストビーフといった料理でよくお目にかかりますね。
どちらにしても、牛ロースは肉質がいいのでさまざまな料理で活用することができます。
みなさんも、牛ロースで美味しい料理を作ってみてください。

ロースの特徴

特にやわらかくて上質な旨み脂肪分が霜降り状に入ると舌触りも良く、評価が高くなります。
スライスしてすき焼きやしゃぶしゃぶにもいいですね。
とにかくやわらかいお肉が食べたい方におすすめします。
強火の状態で、タレをたっぷりつけ、片面1〜2秒ずつで焼くのがコツです。
若干色が変わった位がおいしくいただける状態です。
ロースは焼き過ぎると、固くなりロースの良いところが損なわれてしまいます。