焼肉の歴史焼き方人気のホルモン定番肉
牛肉の格付け話題沸騰!ホルモンバーグ世界の焼肉事情

人気のホルモン

ギアラ

ギアラ ギアラとは、牛にある4つの胃のうちの4番目の胃を指します。
「赤センマイ」とも呼ばれ、特に関西地区でそうと呼ばれることが多いようです。
ギアラは4番目の胃なのですが、実際には腸のような役割をしているために、偽の腹「偽腹」(ぎはら)と呼ばれ、それが訛って「ギアラ」と呼ばれるようになったと言われています。
ギアラは、他の胃部分に比べ赤みが差して美しく、脂ものっていることから、最近特に人気のある部位になっています。

ギアラの特徴

ギアラは赤ギアラと白ギアラの2種類があります。
特徴としては、赤ギアラはさっぱりとして皮がコリコリとしています。噛めば噛むほど味が出てきます。
白ギアラのほうは脂も多く、肉厚で歯ごたえは赤よりもしっかりとしています。見た目はホルモンと似ていて、味も赤よりは数段上かもしれません。
焼き方のコツは、ぷくっと膨らんで弾力が出ればOKです。少し焦げ目がつくくらいがちょうど良いでしょう。