焼肉の歴史焼き方人気のホルモン定番肉
牛肉の格付け話題沸騰!ホルモンバーグ世界の焼肉事情

人気のホルモン

ミノ

ミノ ミノは、牛の第一胃(ルーメン)のことで、名前の由来は、開いた様子が蓑に似ていることから来ています。
第一胃を含む複数の胃袋は、反芻動物特有の器官であり、そのなかでも第一胃と第二胃(俗称ハチノス)は反芻において重要な器官になっています。
このため、この2つの胃を総合して、反芻胃ということもあります。
反芻動物は、飼料をほとんど咀嚼せずに胃の中に収めます。その後、第一胃の内容物は胃の逆蠕動運動で口腔内に戻され、咀嚼を行い、再び飲み込まれます。
飲み込まれた内容物は、プロゾア、繊毛虫などの宿主生物によって分解され、動物のエネルギー源となります。
反芻胃は牛の場合、全胃袋の容積の80%を占めており、成牛においての容積は約100リットルとなります。
ただし、これだけの容積を持ち合わせていても、胃内部において消化液などはあまり分泌されず、発酵の為の胃袋であるということが出来ます。
なお、胃液が分泌されるのは4番目の胃(俗称ギアラ)のみです。

ミノの特徴

肉厚で純白に近い色をしており、歯ごたえと淡白な味わいが特徴。
中火〜強火の状態で焼きくといいでしょう。お好みの焼き加減で完成となります。
少し唐辛子を混ぜて焼くと美味しさが倍増します。内臓系特有の歯ごたえとジューシーさが絶妙に唐辛子のピリっとした感じと絡み合い、一度食べたら二度三度と食べたくなる一品に仕上がります。