焼肉の歴史焼き方人気のホルモン定番肉
牛肉の格付け話題沸騰!ホルモンバーグ世界の焼肉事情

焼肉の歴史

焼肉は元々、中央アジアに住む遊牧民から生まれたと言われています。
紀元1世紀頃中央アジアの貊(メツ)族の扶余(プヨ)と言う国では、官職名に動物に因んだ名前が多く記録として残っていて、食生活に肉食が多かった事が想像できます。
また、中国にも2世紀頃、肉を調味してして焼く料理の炙(ジョッ)と言う焼肉料理が伝わっている記録が残っています。
これは現在のように保存ができない為、生肉よりも安全な焼肉が必要だったと思われます。
しかし4世紀頃、高句麗、百済、新羅が朝鮮半島で力を持っていた3国時代になって仏教が伝わり、「動物殺生禁止令」が発令されるや肉食は衰えていきました。
その後13世紀に、蒙古族が南下してきたため再び肉食が復活したのです。
李朝時代になると仏教に変わって儒教が広まり、やがて家畜の放牧まで行われるようになりました。
ちなみに孔子はユッケ(肉の刺身)が好きだったと言われています。
この頃、高麗の都の開城(ケソン)では、「雪夜炙(ソルヤジョッ)」と言う料理があり、固かった労働用の牛肉を柔らかくするため、水に繰り返しつけて焼いたということらしいです。
元々内臓を食べなかったのですが、「ハツ(心臓)」だけは柔らかい肉として好まれたと言われています。
李朝時代の宮廷料理には、肉やねぎを串に刺した焼鳥や、バーベキューのルーツが登場しました。
ベンツ

焼き肉の歴史