焼肉の歴史焼き方人気のホルモン定番肉
牛肉の格付け話題沸騰!ホルモンバーグ世界の焼肉事情

焼肉の歴史

日本の焼肉スタイルの発展

日本の焼き肉スタイルの発展 では現在の日本の焼肉スタイルまでには、どう発展してきたのでしょうか?
最初、朝鮮半島で生まれた焼肉料理ですが、それがそのまま日本に入ってきた訳では無かったのです。
日本は独自の発展を遂げてきました。元来日本の文化に無かった肉の直火焼き方が始まるきっかけは、太平洋戦争後の食糧不足時の闇市にありました。
当時、焼け跡のブラックマーケットで、在日の韓国、朝鮮人が自国文化の経験から、牛肉のハツ(心臓)を肉の代用品として売りだしました。
食糧難時代の為、栄養が不足していた日本人ですが、当時は正肉が統制品で手に入らなかったのです。
期待以上に需要が多かった為、それまで韓国半島ではあまり食べなかったので、他の内臓類も工夫され売られました。これが「ホルモン焼」の始まりと言うわけです。
そして徐々に復興も進み、朝鮮料理店(当時は韓国料理ではなく、こう呼んでいました)が、きちんと店舗を構えて出てきました。
昭和21年に第一号と噂される「食道園」が東京で店を構え、最初は鶏肉や冷麺を扱っていました。そして牛肉の統制も終わり、次第に発展していったのです。
本格的に日本社会に今の焼肉が浸透していったのは、昭和30年代になってからの事です。