焼肉の歴史焼き方人気のホルモン定番肉
牛肉の格付け話題沸騰!ホルモンバーグ世界の焼肉事情
焼肉・ホルモン

焼肉(やきにく)とは、基本的に肉を焼網に乗せ炙ったり、鉄板などで焼いたりした肉料理のことです。広義にはステーキ、ジンギスカン鍋、バーベキューなどを含めます。
焼肉は「肉を焼いた料理」という程度の意味合いであるため、その起源は洋の東西を問わず原始的で普遍的なものであり、起源をたどることはなかなかの困難でもあります。
食肉として供されるものも牛肉・豚・鳥・羊・馬・鹿・カエル・ヘビなどなど多種多様です。
極東アジアだけでも中国、ベトナム、フィリピン、モンゴルそれぞれに独自の食肉文化があり、日韓関係だけで「焼肉」を規定することはできません。
鉄板焼きとして調理師により調理されたものを提供(サービス)されるよりは、直火あぶりで各自が調理するものが、ガスや電熱台などよりも七輪の木炭で焼くもののほうが野趣めいて「本格的」であるとして好まれることがあります。


おいしい食べ方

焼肉・ホルモン

豚肉、ホルモンは、比較的良く焼いてください。
牛肉は、軽く焦げ目がついて、箸で押してみてふわっとすればいいでしょう。
七輪で、火が出た場合氷を置いてください。鎮火します。これはバーベキューにも応用できます。 七輪、炭火で焼くと、カロリーの減少(脂質を燃やしてくれます)、遠赤外線効果、昔のひとは、理にかなっていました。

★おすすめのお店★ 大府 居酒屋


焼き肉のタレ

日本における焼肉の味付けは、醤油を基本に酒、砂糖、ニンニク、ゴマなどを調合して作った配合調味料(タレ)を使うものと、塩や胡椒、レモン等で味付けをするものが一般的です。
海外でもTeppanyaki/Yakinikuとして広まりつつあります。